About GURA

 

 

 

 京都を基盤に活動するアーティスト6名が集まり、09年春に始動。京都・伏見にて元は酒蔵として使われていた空間に手を加え、創作の場としている。GURAという名は「蔵」の意。「酒蔵」「米蔵」のように「蔵」とは何かしらの用途がある場だが、語頭を省くことで柔軟・多様な場である様にとの願いを込めている。現メンバーは9名。ここに居住するメンバーもいる中でその可能性を模索している。

 現段階では、特別なルールがあるわけでもなく、各メンバーが好きな時に好きなように使っている。たまに時間と気が合えば、メンバー間で協力するような比較的ゆるい結束である。共用スペースを広く設けているところが特徴で、メンバーが創作するという用途以外にも、大規模な飲み会や外部のアーティストを迎え入れての展示企画などが2ヶ月に1回程度のペースで行われている。その多くは、実験性が高く、作る側がやりやすい状況で行われてきた。その反面、見る側に配慮されないなどの問題があったかもしれない。ただGURAが作り手主導の場であることには変わりなく、そのような視点からわがままな企画を行っていくことに面白さを感じている。

 

The studio started in 2009, with 6 artist based in Kyoto. Now it has 9 members. The building, which had been used as a sake storehouse, was revamped by the artist for their creation. GURA named after the Japanese word "gura", means "a storehouse for something". ("kura" is just "a storehouse". When it has some specific purpose the reading changes to "gura", like "saka-gura" is a sake storehouse or "kome-gura"  a rice granary. ) The abbreviated anlaut shows a desire that GURA could be a flexible and multiple place, and actually it is because some members uses the place as living spaces.
No serious rules, used freely by each members with various purposes, and sometimes they work together. There is a sharing space not only for the members but also for others. Big drinking parties and exhibitions with outside artists are held about once per 2 months. The concept of these sessions is "always initialed by creators".  

 

 

 

Artists:

八雄/畑昂太、田中良、宮永亮(MIYANAGA Akira)、出川晋、鮫島ゆい、松本知佳、今尾拓真

※現在メンバー入れ替わり中。募集要項はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mail gura.studio@gmail.com