News

 

GURA OPEN STUDIO 2016

 

草の根的ネットワークによってオルタナティブなイベントを繰り返してきたGURAもメンバーチェンジを繰り返す中で、作品展示を主として活動する美術/工芸作家の制作場所としてその実態が少しずつ変化してきました。

特に今年度の夏は最後の設立メンバーが抜け、多摩美術大学を卒業した大橋や、東京藝術大学在学中の三枝が新たに加わるなどGURAとしても変化の多い時期でした。

今回はそうしたことなどを機に新しいGURAの在り方の模索として7名の作家が作品展示/アトリエ公開/公開制作などを行うOPEN STUDIOを開催致します。

この機会に是非お越し下さい。

 

「GURA OPEN STUDIO 2016」

 

開催時期:11月3日(木/祝)、11月4日(金)、11月5日(土)
             13:00-20:00(最終日5日のみ24時まで)

 

場所:GURA(京都市伏見区両替町15丁目141)

 

参加作家:今尾拓真、大橋麻里子、鮫島ゆい、谷川美音、松本知佳、三枝愛、吉田桃子

 

 

 

シェアアトリエGURAではメンバーの入れ替わりに伴い2016年8月より入居できるスペース使用者を1名募集します。

 

→スペース使用者1名が決まりましたので募集を打ち切らせていただきます。(2016.07.27)

 

募集要項
○全7.5スペース内0.5スペース募集! 希望により勘定外の共有リビングも使用可
○0.5スペース 約10㎡(約5畳)
○0.5スペース使用料 ¥10,500/月(家賃頭割のため使用人数により変動) ※光熱費・水道代・インターネット別
○改装可
○☆8月1日より入居可能な方☆

 

環境・設備
○木造モルタル構造1階建て
○天井高h3000~5000mm、搬入出口h2000×w2000mm
○トイレ、風呂、キッチン、共有木工作業スペース、共有リビング(約15畳)、駐輪場、駐車場1台(応相談)、裏庭、Wi-fi設備あり
○近鉄伏見駅徒歩5分、京阪丹波橋駅・墨染駅徒歩10分
○丸栄ガクブチ徒歩30秒、伏見郵便局(24時間のゆうゆう窓口)徒歩1分、業務スーパー・イズミヤ徒歩2分

 

その他注意事項
○冬寒く、夏暑い。
○イベントやミーティング(不定期)、改修作業(不定期)などに積極的に参加できる。もちろん自分企画OK。
○使用期間は1年以上。
○退去時は、次の使用者を確保してから出る。他のメンバーも探すのを手伝います。

 

※見学は随時受け付けております。
 質問、検討の際には下記までご連絡ください。
 
GURA
mail:gura.studio@gmail.com

 

                                       (募集スペース)

(共有スペース)

2015年

5月

06日

GURAより 旧宮永亮アトリエスペース使用/入居者募集のお知らせ

現メンバー、宮永亮 の退去に伴い、2015年5〜6月からの空きスペースの使用者を募集します。

GURAの宮永亮よりお知らせ致します。

 

このたび、GURAを退去し新たなスタジオを構える運びとなり、現在使用しているスペースの使用者/入居者を募集致します。


映像作家活動用に作り込んだスペースとなっており、6月初旬より使用開始出来る方、また現状をそのまま引き継いで使って頂ける方早めに使用を始める事が出来る方を優先的に募集、入居後の追加改修はもちろんOK)を優先的に募集します。


入居・見学希望また興味・関心・質問のある方は、gura.studio@gmail.comまで、GURA内、宮永亮宛でご一報下さい!

 

 

以下、詳細情報と紹介写真となります。

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><


宮永アトリエスペース募集要項

  • 現宮永使用スペースを6月初旬以降引き継いで使って頂ける方募集(中旬、下旬以降になる場合はご相談下さい
  • 個人でもグループでも可
  • 作業場、住居、倉庫、事務所、イベントスペースなど用途自由
  • 約20㎡(約10畳)、ただし宮永制作の冷暖房可能な囲い部屋と、オープンな作業場で2分されています(下記写真群参照)。
  • ご希望であればかなり古いものですが冷暖房機材も置いてゆきます。
  • 1スペース使用料 約¥20,000/月(家賃頭割のため使用人数により多少の変動あり) ※光熱費・水道代・インターネット別
  • 別途入居時費用 ¥3,000(内装などDIY物件の為、現在までの捻出費用を少しだけ負担お願いします)
  • クローズド型(壁四面と天井に囲まれた)とオープン型(建物の壁一面のみ)の合わせスペース 。増設は可能です。(但し改修作業は使用者の頑張り次第。もちろん作業内容の相談などはいたします)
  • その他改装可


><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><


宮永アトリエスペース写真

宮永スペースは、【冷暖房可能なオフィス部屋】(左側)+【半分オープンな作業場】(右側)からなります。



【冷暖房可能なオフィス部屋】ドアです。

↓両開きします。


内部です。



内部にある自作デスクです。

デスク上のMacBookProやコンセント類、ライト、それからデスク下の収納ボックス類やMacProは宮永私物ですので引き払いますが、デスク自体は置いてゆければ良いなと思っていますので、こちらも継続使用して頂ければ嬉しいです。もちろん塗ったりヤスったりなどの作り替えは、ご自由にして頂いて構いません。


デスク寸法は

天板:W1700 x D550 x H24 mm 

ボックス(2つとも同寸法、キャスター付き)外寸:W550 x D550 x H635(+キャスター分65) mm

ボックス(2つとも同寸法、キャスター付き)内寸:W457 x D550 x H585(+キャスター分65) mm

材は針葉樹合板の24mmです。



同じく針葉樹合板24mm材のコの字の白い台です。

上にプリンターやシュレッダーを置き、下のスペースには収納ボックスを入れていました。もしご希望ならそのまま利用して頂いて構いません。塗りは荒めのざっくりとした作りですので、多少手直しして頂いた方が良いかと思います。



↓古いものですが、窓枠用の冷房です。ご希望であればとりあえず置いてゆきます。こちらの空間を閉め切れば真夏でもそれなりに冷えてくれます。音は多少うるさいです。



入り口から最奥にあるマス目棚です。


上段のマス目棚外寸:
W1750 x H1000 x D20 

上段のマス目内寸:W235 x H235 x D200  (28マス)


下段のマス目棚外寸:W1750 x H1050 x D30 

下段のマス目内寸:W335 x H335 x D300  (15マス)


こちらも置いてゆきたいなと思っています。針葉樹合板12mmで作っており、表面は仕上げはしていないので荒いです。

ちなみに↓写真右下にある暖房器具は、古いものですが、必要であれば置いてゆきます。この部屋内であれば冬でもしっかり暖まります。



↓右側の壁面は、真ん中に1820mmの簡単な板材壁面(ボルトで2x4柱に固定なので、取り外し可)があり、左右は自作引き戸があり、作業場に出られるようになっています。即席DIYなので下部に隙間もあったりしますが、灯油暖房時の程よい換気になるかなと思い、そのままにしています。



↓廊下側を見た図です。



【半分オープンな作業場】全景です。



↓向かって右手に白壁があります。当初は映像投影用に作ったため、材は軽天柱に石膏ボードのみの簡易な構造で、重いものを打ち付けるのは厳しいです(上部の一部はOSB材なのでこの部分は多少の打ち付け可)。写真に写っているものは私物なので引き払います。



↓作業小物用のマス目棚、針葉樹合板12mm材です。こちらもそのまま据え付けておこうと思っています。中のものは私物なので引き払います。



↓左手はオフィス部屋です。構造はむき出しです。



↓ちなみに天井部分です。梁の間に単管パイプを渡し、その上に杉足場板を引いて軽量物用の屋根裏収納的なものを作っていましたが、これらも引き払いますので、屋根まで抜ける構造になります。



><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><


GURA全体の環境・設備

  • 木造モルタル構造1階建て
  • 天井高h3000~5000mm、搬入出口h2000×w2000mm
  • トイレ、風呂、キッチン、共有木工作業スペース、共有リビング(約15畳)、駐輪場、駐車場1台(応相談)、裏庭、Wi-fi設備あり
  • 近鉄伏見駅徒歩5分、京阪丹波橋駅・墨染駅徒歩10分
  • 丸栄ガクブチ徒歩30秒、伏見郵便局(24時間のゆうゆう窓口)徒歩1分、業務スーパー・イズミヤ徒歩2分


 

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>< 


その他全体注意事項

  • 冬寒く、夏暑い。(宮永スペースの場合、古いものでよければ冷暖房機器備え付け)
  • イベントやミーティング(不定期)、改修作業(不定期)などに積極的に参加できる。もちろん自分企画OK。
  • 使用期間は原則1年以上。
  • 退去時は、次の使用者を確保してから出る。他のメンバーも探すのを手伝います。
  • シェアスペース使用に関しての最低限のマナー(家賃などの支払いや共有スペースの使い方など)を持った方のみの応募に限らせていただきます。



><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>< 


入居・見学希望また興味・関心・質問のある方は、gura.studio@gmail.comまで、GURA内、宮永亮宛でご一報下さい!


0 コメント

2015年

4月

15日

GURAよりスペース使用者募集のお知らせ 2015

 

現メンバーの引っ越しに伴い、2015年5〜6月からの空きスペースの使用者を募集しています。

 

また時期は未定(2015夏〜冬?)ですが他スペースも使用者募集の可能性があるのでご参考ください。

 

 

  

GURAよりお知らせ致します。

 

このたびメンバー1名が抜ける予定となり、空きスペースが発生することになりました。

ということで、新たなスペース使用者1名を募集致します

※引っ越し時期が段階的に5〜6月頃予定なので具体的な使用可能時期は要相談です。

 

また、2015夏〜冬頃に掛けて追加の空きスペースが発生する可能性があります。こちらは時期が確定してからの募集予定ですが、アトリエ及び居住スペースなどをお探しの方はご参考ください。

 

 

 

><><><><><

 

募集要項

  • 全7.5スペース内1スペース募集! ※0.5スペースから使用可。
  • 個人でもグループでも可
  • 作業場、住居、倉庫、事務所、イベントスペースなど用途自由
  • 1スペース 約20㎡(約10畳)
  • 1スペース使用料 約¥20,000/月(家賃頭割のため使用人数により変動) ※光熱費・水道代・インターネット別
  • 別途入居時費用 ¥3,000(内装などDIY物件の為、現在までの捻出費用を少しだけ負担お願いします)
  • クローズド型(壁四面と天井に囲まれた)とオープン型(建物の壁一面のみ)の合わせスペース 。壁の撤去・増設は可能ですので全オープン/クローズに改修可能。(但し改修作業は使用者の頑張り次第。もちろん作業内容の相談などはいたします)
  • その他改装可

 

 

環境・設備

  • 木造モルタル構造1階建て
  • 天井高h3000~5000mm、搬入出口h2000×w2000mm
  • トイレ、風呂、キッチン、共有木工作業スペース、共有リビング(約15畳)、駐輪場、駐車場1台(応相談)、裏庭、Wi-fi設備あり
  • 近鉄伏見駅徒歩5分、京阪丹波橋駅・墨染駅徒歩10分
  • 丸栄ガクブチ徒歩30秒、伏見郵便局(24時間のゆうゆう窓口)徒歩1分、業務スーパー・イズミヤ徒歩2分

 

 

その他注意事項

  • 冬寒く、夏暑い。(冷暖房の導入などは自己負担です)
  • イベントやミーティング(不定期)、改修作業(不定期)などに積極的に参加できる。もちろん自分企画OK。
  • 使用期間は原則1年以上。
  • 退去時は、次の使用者を確保してから出る。他のメンバーも探すのを手伝います。
  • シェアスペース使用に関しての最低限のマナー(家賃などの支払いや共有スペースの使い方など)を持った方のみの応募に限らせていただきます。
 
><><><><><
 
入居・見学希望また興味・関心・質問のある方は、gura.studio@gmail.comまでメール、もしくは各メンバーまでご一報下さい!
 
 
 
 
 <空きスペース参考写真>
現在引っ越し準備中につきモノが溢れてますがご了承ください。
引き渡し時にはほぼスケルトンの状態になる予定です。
募集スペース見取り図
GURA_plan_jp(2015募集用).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 329.5 KB
1 コメント

2013年

12月

22日

GURAよりスペース使用者募集のお知らせ

 

2014年3月末日をもちまして新メンバーが確定いたしました。

 

2014年3月8日追記:

1名キャンセルが発生したため引き続きメンバー募集中です。

 

 

  

GURAよりお知らせ致します。

 

このたびメンバー4名が抜ける予定となり、大幅に空きスペースが発生することになりました。

ということで、新たなスペース使用者を募集致します

 

 

 

><><><><><

 

募集要項

  • 全7.5スペース内3.5スペース募集! ※0.5スペースから使用可、希望により勘定外の共有リビングも使用可
  • 個人でもグループでも可
  • 作業場、住居、倉庫、事務所、イベントスペースなど用途自由
  • 1スペース 約20㎡(約10畳)
  • 1スペース使用料 約¥20,000/月(家賃頭割のため使用人数により変動) ※光熱費・水道代・インターネット別
  • 別途入居時費用 ¥3,000
  • クローズド型(壁四面と天井に囲まれた)とオープン型(建物の壁一面のみ)の2種類 ※クローズド型の方が少し小さい ※選択権は早い者順
  • 改装可

 

 

環境・設備

  • 木造モルタル構造1階建て
  • 天井高h3000~5000mm、搬入出口h2000×w2000mm
  • トイレ、風呂、キッチン、共有木工作業スペース、共有リビング(約15畳)、駐輪場、駐車場1台(応相談)、裏庭、Wi-fi設備あり
  • 近鉄伏見駅徒歩5分、京阪丹波橋駅・墨染駅徒歩10分
  • 丸栄ガクブチ徒歩30秒、伏見郵便局(24時間のゆうゆう窓口)徒歩1分、業務スーパー・イズミヤ徒歩2分

 

 

その他注意事項

  • 冬寒く、夏暑い。
  • イベントやミーティング(不定期)、改修作業(不定期)などに積極的に参加できる。もちろん自分企画OK。
  • 使用期間は1年以上。
  • 退去時は、次の使用者を確保してから出る。他のメンバーも探すのを手伝います。
 
><><><><><
 
入居希望また興味・関心のある方は、gura.studio@gmail.comまでメール、もしくは各メンバーまでご一報下さい!
 
 
 
 
 
 

GURAよりお知らせ致します。

 

このたびメンバー4名が抜ける予定となり、大幅に空きスペースが発生することになりました。

ということで、新たなスペース使用者を募集致します

 

 

 

><><><><><

 

募集要項

  • 全7.5スペース内3.5スペース募集! ※0.5スペースから使用可、希望により勘定外の共有リビングも使用可
  • 個人でもグループでも可
  • 作業場、住居、倉庫、事務所、イベントスペースなど用途自由
  • 1スペース 約20㎡(約10畳)
  • 1スペース使用料 約¥20,000/月(家賃頭割のため使用人数により変動) ※光熱費・水道代・インターネット別
  • 別途入居時費用 ¥3,000
  • クローズド型(壁四面と天井に囲まれた)とオープン型(建物の壁一面のみ)の2種類 ※クローズド型の方が少し小さい ※選択権は早い者順
  • 改装可

 

 

環境・設備

  • 木造モルタル構造1階建て
  • 天井高h3000~5000mm、搬入出口h2000×w2000mm
  • トイレ、風呂、キッチン、共有木工作業スペース、共有リビング(約15畳)、駐輪場、駐車場1台(応相談)、裏庭、Wi-fi設備あり
  • 近鉄伏見駅徒歩5分、京阪丹波橋駅・墨染駅徒歩10分
  • 丸栄ガクブチ徒歩30秒、伏見郵便局(24時間のゆうゆう窓口)徒歩1分、業務スーパー・イズミヤ徒歩2分

 

 

その他注意事項

  • 冬寒く、夏暑い。
  • イベントやミーティング(不定期)、改修作業(不定期)などに積極的に参加できる。もちろん自分企画OK。
  • 使用期間は1年以上。
  • 退去時は、次の使用者を確保してから出る。他のメンバーも探すのを手伝います。
 
><><><><><
 
入居希望また興味・関心のある方は、gura.studio@gmail.comまでメール、もしくは各メンバーまでご一報下さい!
 
 
 
 
 
 
0 コメント

2013年

8月

20日

西行きの雲

 

「西行きの雲」

 

日時: 2013年8月22日(木) 14:00~

場所: GURA 伏見、京都


明治学院大学ボランティアゼミ × 田中良、前川紘士

展覧会/ワークショップ

 東京都にある明治学院大学の教養教育センター開講科目「ボランティア実習」の授業では、毎年夏に西へ向かい、いくつかの土地での出会いを通して学びの機会を作る旅の授業「Go west」を行ってきました。2013年は、埼玉県見沼福祉農園を出発し、岐阜県郡上八幡、京都府伏見、大阪府西成に至る旅になります。京都では美術家田中良と前川紘士による半日ワークショップという形で受け入れを行い、共同スタジオGURAにて展示を行います。


 東から旅をして来る学生たちに、旅の途中で何か「もの」を手に入れてもらい、それにまつわるものがたりと共に、京都は伏見にある共同スタジオ「GURA」にて半日展示してもらいます。周りの水を集めて別の土地に雨を降らせる雲のように、旅の中で得た「もの」を、彼らのものがたりと共に京都の展覧会場に運んでもらいます。展示の最後には、参加者にそれら「もの」にまつわるものがたりを語ってもらいます。ものの展示とものがたりを介し、学生の旅の授業に新たな切り口を開きます。

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2013年

5月

15日

野良人類学会 コミュニティ難民篇

5月24日(金)18時~

 #ぼちぼちとはじめます。途中参加歓迎です。

「住み開き」の提唱者アサダワタル氏が、最近考えて続けている「コミュニティ難民」というコンセプト。タンザニアの路上商人マチンガの民族誌を書いた文化人類学者小川さやか氏の、「都市を生き抜く狡知」をめぐる語りを受けながら、日本のコミュニティ難民と、タンザニアの路上商人に共通する構造を見出す。そのうえで、各地で「コミュニティ難民」的に活動する人々が応答する。そんな車座トークの饗宴。

■参加者(敬称略、順不同)
小川さやか(文化人類学者/『都市を生き抜くための狡知:タンザニアの零細商人マチンガの民族誌』著者)
アサダワタル(日常編集家/『住み開き:家から始めるコミュニティ』著者)
前川紘士(美術家)
田中良(アーティスト)
猪瀬浩平(文化人類学者/見沼・風の学校)
など

■会場
GURA
電話090-5881-9780(田中良)

■アクセス
近鉄京都線伏見駅より徒歩5 分、近鉄・京阪丹波橋駅より徒歩10分
www.gura-kyoto.com/access

■会費
実費+スピーカーへのカンパ(感動に応じて)

■主催
野良人類学会

■協力
日本ボランティア学会有志

■参加申し込み
メール 野良人類学会暫定庶務(猪瀬浩平)kazekoukou@ybb.jp

#アサダワタル氏による、「コミュニティ難民」の暫定的定義
 コミュニティ難民とは、個人の生産活動において、ある特定の分野における共同体(community)に重点的に属していない、もしくは複数の共同体に分散的に属している状態が長引くことにより、自分の生産活動の分野を特定することが困難となり、どのコミュニティに居てもそれなりの親密感を感じながらも同時に疎外感も拭いきれず、そのことにより活動初期はアイデンティティの揺らぎを元にした多少の精神疾患を伴うこともあるが、徐々にその独特な浮遊感の心地よさに気づいてしまうことで逆に開き直り、積極的に活動分野を拡散させていくことで新たな社会との実践的な関わりを生み出すことへと意識的に向っていく人々を指す。

 

 

 

 

 


0 コメント

2013年

4月

06日

第4回 G祭

 

第4回 G祭

 

2013年5月11日(土) 18時~果てるまで

入場カンパ ¥500(1ドリンク付)

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


出店・出演者・イベント

・GURA居酒屋
・鏡世界社(燻製屋)
・free style dance battle
・森林食堂(カレー)
・川田知志(VJ)
・岡本リサ(ゴキVJ)
・DJ atari(DJ)
・2boy (アニソンBGM)
・にょいりん(アニメVJ)
・水木塁(DJ)
・DJ強姦魔(DJ,VJ)
・アイドル頂上決戦(京都代表藤井マリーvs大阪一地下ドル藤本ぽやな)
・ハチオとマッドライスが何かする
・めっちゃスポーツ
・村上裕
・官能小説朗読会
・もんじといっちゃんのおされカフェ
・アトリエ家ー(雑貨など)
・YOZEMIN(同人誌)
・油姉様(占い)
・宮永亮(久々にVJ)
・DJきよたやすひろ(深い時間帯のDJ)


and more...
随時更新予定

 

 

 

 

0 コメント

2012年

8月

10日

絵のGU!

絵のGU!



8/18(sat) 15:00〜

Charge Free!


お盆ど真ん中、京都伏見のGURAにて真夏のペインター祭り!

集いに集った絵描きたちによる壁面描きまくり汗かきまくりイベント。

よってらっしゃいみてらっしゃい!!


おやつの時間にスタート☆



PAINTERS:
◆八雄
◆ENTER(OT29)
◆MADRICE(OT29)
◆KONIROW(OT29)
◆CHULA(ATTACK THA MOON)
◆uwn!
◆NAZE 
◆西雄大
◆WHOLE9

◆三木章弘 
◆透明回線 


MUSIC:
◆阿波野由起夫
◆DJ夫婦

 

 

FOOD:
◆出張鶏屋ひげ丸(鶏肉料理)
◆犯罪ボーイズ(燻製屋)

◆mon-tei(野菜とあまいもの)



and more!!

 

 



 

0 コメント

2012年

8月

03日

AT PAPER6号 リリースレセプションパーティー@GURA!

 

 

<AT PAPER6ゴウ レセプションパーティー>

8月5日(日)18:00~22:00

@GURA

http://gura.jimdo.com/

contents

・トークショー(AT編集者 × 参加作家)

・岡村優太/西雄大/安野谷昌穂 作品展示

・うわん! × 川井克也パフォーマンス(映像ライブペインティング)

food & drink

・白箱Zoo BAR

・文九珈琲

・出張焼鳥髭屋

 
まだまだ更新してまいります。6号を積み上げて皆様のお越しをお待ちしております。

8月5日はGURAで!!

 

 

 

 


0 コメント

2012年

7月

07日

GURAよりスペース使用者(あるいは入居者)募集のおしらせ。

※8/3追記:本日めでたく新メンバー決定しましたので、募集を〆切ります。ありがとうございました。

GURAよりお知らせいたします。

 

このたび、メンバー宮永が住居を別に構える事になり、GURA内でのスペースの融通を経た結果、空きスペースが発生することになりました。

 

GURAに新たな風を呼び込むいい機会!ということで、新たなスペース使用者を募集します。

 

以下募集条件です。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

GURAよりのメッセージ

 

アーティストの共同スタジオとしての設立から3年をへて、GURAでは新しいタイプのメンバーを求めています。スタート当初から、「せっかくスペース持つなら自分達だけで使うのはもったいない。いろんな人間関係がクロスオーバーできる場所にしたい。」と話し合ったことをベースに置き、様々なイベントを企画したりしながら、GURAという場所の使い方を模索し続けています。

 

アーティスト(制作者)と言う枠にはこだわらず、GURAと言う場所を使って企画してゆきたい、この場所を起点に自分なりの発信をしてゆきたい、という人が入ってくれると嬉しいです。

 

アトリエとしての使用に限らず、デザインのための事務所であったり、プロジェクトのためのミーティングの場であったり、、自由な使い方をして欲しいと思っています。


 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

詳細情報


 

募集人数:1名 or 1グループ  

 

スペース:図面色付き部分 ※開放スペースではなく、合板で自作された部屋環境です(現ハチオスペース、使用例はページ上のフォトギャラリー参照)。改修可。用途自由。

 

家賃:¥19,000/月 ※光熱費・水道代・インターネット別

 

GURA費 :¥1,000/月

 

初期費用:¥40,000 ※共有スペースの改修、色んな備品の購入等、GURAメンバーが今まで支払ってきた費用の相殺目的のお金です。一括、分割応相談。

 

入居時期:8月中旬〜9月頭(応相談)

 

共有設備:共有スペース(図面参照)/風呂/トイレ/キッチン/洗濯機/物干し場/集塵機/AQUOS/灯油ストーブ/木工スペース(図面参照、電動丸ノコ・ジグソー共有)/駐輪スペース(乗用車不可)/無線LAN環境完備

 
近隣環境:京阪丹波橋駅、墨染駅徒歩10分/近鉄伏見駅徒歩5分/丸栄ガクブチ徒歩30秒/伏見郵便局(24時間のゆうゆう窓口)徒歩1分/業務スーパー、イズミヤ徒歩2分
 

その他注意事項:

・イベントやミーティング(不定期)、改修作業(不定期)などに積極的に参加できる。過去のイベントはこちら。もちろん自分企画OK。

使用期間は1年以上。

・出るときは、次の使用者/入居者を確保してから出る。他のメンバーも探すの手伝います。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

入居希望、見学希望の方

 

1:

名前

電話番号

メールアドレス

年齢

プロフィールや自己紹介

 

を記したメールを gura.studio@gmail.com まで送信。

現メンバーと直接知り合いなら、そちらに連絡してもらってもOKです。

 

2: GURAメンバーの厳正なる独断と偏見によるメール選考。

 

3:「ええかんじやん☆」ってなった方にGURAより連絡。

  必要な方は実際に場所を見てもらい、メンバーと色々話したり。

 

4:GURAメンバーの厳正なる独断と偏見により最終決定!

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

おもろい人、大歓迎です。

是非ご連絡ください◎

 

GURA

 

 

 

0 コメント

2012年

5月

06日

映画上映会 『カテイ』緑茶麻悠

一昨年前にGURAにてパフォーマンス公演を行った緑茶麻悠による、初監督作品を上映します。

上映終了後には軽く交流会を行います。

 

2012/05/20 (sun) / 16:00 , 19:00 (2回)  上映時間35分 

入場無料 ドリンク販売あり

 

『カテイ』

お笑い芸人を目指す2人がネタ会議を広げるうちに、噛み合ないまま混沌としていく。妄想が現実なのか、嘘なのか。「笑いとは何か?」をテーマに、静かに、でも暴走していく予測不可能なシュールでコミカルな物語。

監督:緑茶麻悠

キャスト:斉藤マッチュ 埜本幸良 田中美希恵 すずきぺこ 大竹沙絵子 佐賀トモキ 他

 

0 コメント

2012年

3月

10日

みんなあつまれ!!第三回 G祭

2012年3月10日(土) 19時開宴~果てるまで

入場カンパ ¥500(1ドリンク付)

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

出店・出演者名簿(順不同)

模擬店

◆森林食堂(カレーとか)

◆人工喫茶芝G(呑み食い処)

◆油姉様の小部屋(占い)

◆阿波野(しぶいアイス)

◆おでん熟(おでん屋)

◆はっ茶ん(お茶葉)

◆岡村(風呂屋)

◆facfac(同ZINE誌)

◆犯罪ボーイズ(燻製屋)

◆AT PAPER(フリーペーパー)

◆いかパン(パンプシェード)

◆一回生BAR ーOne Night Loveー(もうすぐ二回生)

 

パフォーマンス

◆アキヒサとミキ(意味深なパフォーマンス)

◆村上裕(ラップ)

◆藤井プロVSこがあい(アイドルマッチ)

 

DJ

◆ヘブン

◆水木塁

◆キヨタ

◆2-boy

◆MAX

◆夫婦(アケビ)

 

VJ

◆ozizow

◆KAWATA

◆Kezzardrix

◆宮永亮

 

イベント

◆官能小説(朗読会)

◆コンパでGETT(コンパ) 

◆311黙祷

 

and more!!

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2011年

7月

15日

facfac 一周年記念パーティー

 

facfac 一周年記念パーティー

 

ーー

 

日時:7月30日(土)17:00〜
場所:GURA
内容:facfacによる挨拶、

   『S-T-I-C-K-E-R-S × facfac』の展示、

   西日のライブ、

   森林食堂の出店、

   てのひらカフェの出店、

   zineの販売、

   and more!!!!!!!!!!!!!!

ウェブhttp://facfac20hz.com/

 

※簡単な軽食と乾杯の飲み物をご用意いたしております。

 

 

 

 

 

 

1 コメント

2011年

4月

29日

使用者/入居者募集中!!

新たなGURAのスペース使用者(あるいは入居者)を募集中です。

 

 

5/31追記:めでたく新メンバー決定しましたので、募集を〆切ります。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2011年

3月

31日

dots experimental performance project 『手紙/断章/往復させる、折りたたむ』

 

dots experimental performance project
『手紙/断章/往復させる、折りたたむ』

http://dots.jp/ex/

|||||||||||||

京都を中心に活動するdotsがより実験的な作品を発表するシリーズの第2弾。
今回はGURAで1本の小作品を発表します。

GURAでの日々の営み。生活と創作が混然一体として育まれてきた自然体の空間。
映像作家・宮永亮氏を中心にGURAのメンバーからのテキストと、幾度かの対話から要素を受け取り、
dotsのパフォーマンスとして、GURAという空間に新たな様相を重ね合わせます。
まさにここでしか生まれないパフォーマンス。

終演後には簡単な交流会も行います。

GURAとdotsの出会いを体感してください。

|||||||||||||


日時:2011年4月8日(金)・9日(土)/ 19:00~
*受付及び会場へのご入場は18:30から

会場:GURA http://gura.jimdo.com/access/(京都・伏見)
※車・自転車・バイクでのご来場はご遠慮下さい。
アクセス:
◆近鉄京都線伏見駅より徒歩5分→改札を出て24号線を東へ。郵便局前の陸橋を越え右折。両替町通を南へ入りすぐ。
◆近鉄・京阪丹波橋駅より徒歩10分→北改札西出口を出て左へ。セブンイレブンを過ぎ、パン屋「ゲベッケン」角を右折し両替町通りを北へ。近鉄高架下をくぐりすぐ。


料金:1,200円
*予約優先(ご入場いただける人数に限りがございますので、できるだけ事前にご予約ください。)
*会場及び作品の形式により、通常の客席がない環境でご観劇いただきますことを予めご了承下さい。
*終演後、簡単な交流会を行います。(ドリンク代のみ頂戴します。)

★ご予約はこちらから(↓予約フォームにつながります。)
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=eeda76b612

構成・演出:桑折現
出演:黒田政秀 高木貴久恵 高田麻里子 竹内英明 谷本みゆき
スタッフ:齋藤学・筆谷 亮也・本郷麻衣
広報デザイン:外山央



お問合せ
dots@dots.jp
http://dots.jp
080-4016-3851







5 コメント

2011年

3月

08日

第二回 G祭 2011春/同日開催 DONATIONS!!

 

第二回 G祭 2011春

 

2011年3月26日(土) 19時開宴〜果てるまで

入場料 ¥500(1ドリンク付)

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

GURAが始まって、早2年が経とうとしております。

私たちのようなアーティスト・ランによるスペースは、3年目に真価が問われるといいますか、1つの節目になると風の噂で耳にしました。この節目の年の始まりに此度のG祭は開催されます。


G祭は、GURAの面々から始まる繋がりを辿って参加者を募り、彼(女)らの協力の元にGURAで行われるお祭りで御座います。出店やバザー、出し物、DJ、VJなどなど、それはそれは盛り沢山な内容をご用意しております。

 

皆様にGURAと、そこから繋がる人たちのことをより深く知ってもらいたい。何よりもとにかく楽しんでもらいたい。そして私たち自身も大いに楽しみたい。音を聞き、色を楽しむ。腹を満たし、言葉と杯を交わしながら、様々な人と人が繋がる場を作ることができたらと考えながら、ワクワクと支度を進めております。

 

当日の飛び入り出店・出演も歓迎いたします!皆様お誘い合わせの上、ぜひ春らしい装いにて、ご来場下さいませ。心からお待ちいたしております。

 

 


2011/3/14追記:

東北地方太平洋沖地震において亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、未だ苦しい状況の中で懸命に耐えておられる方々にエールを送ります。
そして事態の復旧の為に懸命に尽力されている全ての方々にエールを送ります。


遠い距離を隔ててGURAは京都に在ります。

私たちの日常は嘘の様に日常のままです。

こんな時だからこそ、変わらない日常であることの幸せを噛み締めたい。

喜び、笑いあえることの価値を胸にしっかりと刻み付けたい。

今回のG祭で皆が今一度、つながりを互いに確かめ合うことができるならば、それはとても大切なことだと思います。

顔を上げて楽しみましょう。

また全ての人たちに平穏な日常が戻る日を願って。


当日は会場に被災地復興支援の為の募金箱を設置します。
集まった募金は日本赤十字社を通して義援金として寄付いたします。

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

出店・出演者名簿(順不同)

 

◆森林食堂(カレー・チャイ・酒・帽子)

◆あさこ食堂(おばんざい)

◆宇宙BAR・箱庭療法(庶民のおつまみとお酒)

◆人工喫茶芝G(呑み食い処)

◆やくざコーヒー(田中良)

◆facfac(同ZINE誌)

◆いかパン(パンプシェード)

◆本武史(板金)

◆前川紘士(?)

◆ヤナモデル(似人形屋さん)

◆阿波野(しぶいライブ)

◆マキとふじも(やさしいライブ)

◆Peachman(興味深いライブとDJ)

◆ラップクッカー(ラップとクック)

◆油姉様の小部屋(占い)

◆KYOGEI演劇部(スーパーボールすくい)

◆ハ・スジョン(客)

◆キヨタ(DJ)

◆クロキ(DJ)

◆SEIDO(DJ)

◆ちゃらんぽマン(DJ)

◆2-boy(DJ)

◆熱風(DJ)

◆ヘブン(DJ)

◆水木塁(DJ)

◆もろる(アイドルDJ)

◆ozizow (VJ)

◆KAWATA (VJ)

◆Kezzardrix (VJ)

◆田中秀和 (VJ)

◆宮永亮(できるだけVJ)

◆もろろ。(VJ)

 

and more!!

 

 

 

DONATIONS!! 東日本大震災被災地のために

http://donations-gura.jimdo.com/

 

2011326(

12:00-18:00

入場無料(19:00よりG祭入場料¥500がかかります)

 

Saturday 26 March 2011

12:00-18:00

Charge free¥500 after 19:00, as the charge for G/GURA Festival

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

東日本大震災を受け、急遽G祭前の12:00-18:00の間に有志の作家によるチャリティー展覧会が開催されます。

 

この未曾有の災害に対し、何ができるのか、何かしなければと言う企画者や作家の思いに、GURAとしても共に悩み、協力したいと考え、急遽開催を決定しました。

 

G祭開催前の準備時間に重なる形での開催になります。出店者・出演者の方々には少々ご不便をおかけしますが、お祭りの準備もチャリティーも、同居できる場がGURAだと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

 

一部作品はG祭中も引き続き展示される予定です。DONATIONS!!を見に来られる方々も、G祭出店者・出演者の方々も、G祭を楽しみにこられる方も、共にこの展覧会をお楽しみ下さい。

 

 

Before G祭, a charity exhibition at GURA in response to the Eastern Japan Earthquake is held by some artists volunteers.

 

The organizer of this exhibition, the artists join in, and GURA struggled together with the tragic fact of the disaster and made the decision to hastily hold this exhibition. 

 

Maybe some participants of the G will be working on preparation during the exhibition term. And some works might be displayed continuously through the G. Enjoy it!

 

 

 

 

 

 

 

3 コメント

2011年

3月

06日

G験室 -GURA Laboratory-

 

2011年 3月 6日(日)

18:00〜

入場無料

パフォーマンス

八雄 × Peachman

WEAST(田中良・村上裕)

Sseeaann Rrooee

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

居住空間であり、アトリエであり、また様々なイベント・企画のためのスペースでもあるGURA。

その未分類、ジャンルレスな場で発生する未分類、ジャンルレスな表現。

 

「G験室 -GURA Labolatory-」は、ジャンル間を自在に行き交うアーティストたちのパフォーマンスをソースとして、表現の極上のエキスを抽出する。

 

従来のカテゴライズによって形式化された表現から脱却し、表現本来の可能性と自由を探求し、思索する。

考察と実験によって私たちは新たな地平と観測点を見出してゆく。

 

GURA is a residence space, an atelier, and a space for various events and projects. 

Unclassifield and genreless expression produced in unclassifield and genreless space.


"G験室 -GURA Labolatory-" assumes the performances of artists who come and go freely between genres to be a source, and extracts the best extract of the expression. 


We get rid of the expression formalized by traditional categorization, search possibility and freedom that expression has originally, and meditate. We find new viewpoint and observation point by consideration and experiment. 

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

 

 

八雄(Hachio)

 

絵描き。京都西山の麓にて生まれ育つ。人を好む。
祭・音楽・食と酒・農耕などの人間の原初的な営みに意識的に触れたことで開眼。
自己の身体感覚を触媒とし、その場に漂う「見えざる風景」「形なきもの」を現す。
「描く」ことを含む全ての表現行為は自らの生きる社会において不可欠な要素であり、想像の領域を具体物として示すことにより「想像=創造」という意識の有用性を証明することを現在の一つの課題とする。
活動形態は多様なシチュエーションでの即興ペインティングを軸に、滞在型制作、展示、壁画など。

2001年よりアーティスト田中良とのユニット、即興絵画組合[GETT]としても活動し、2009年春からは京都・伏見の地にて京都を活動基盤とする数名のアーティストと共にスペース[GURA]を始動。人の表現、意思伝達の依代となる「場」の考察・創造を開始する。

 

I am a painter ,born and raised at the foot of west-mountains of Kyoto Japan. I love human being.

With my physical sense as a catalyst, I show an "invisible scenery" "thing without the form" drifting in the place.
 I awaked by having consciously to do with the working of the human genesis such as a festival, music, eating and drinking, and the agriculture.

All expression acts including "draw" and "paint" are an indispensable element in the society that we're living in ,and one of my present subjects is to prove utility of the consciousness "imagination = creation".
My activity are impromptu paintings in the sound space such as club events ,resident works ,exhibitions ,wall paints.
 I am active as unit with artist Ryo Tanaka, impromptu painting-drawing unit [GETT] from 2001. and start the space [GURA] at Fushimi/Kyoto with several artist based on Kyoto from spring, 2009. and started consideration / creation of "a place" for expression / comunication.

 

Peachman

 

私はArduinoやmax/msp、JavaScriptを使って音の出るアプリケーションや、動き のあるウェブサイトを作るのが好きです。私と友達はソロパフォーマーの祭典、 『楽祭』を企画、運営しています。

http://rakusairakusai.web.fc2.com/

 

I love making musical applications and interactive web sites by using Arduino and max/msp, JavaScript. I and my friends are organizing the solo performance festival "RAKUSAI(楽祭)" http://rakusairakusai.web.fc2.com/

 

 

WEAST(ウィースト)

 

20108月結成。東京在住の村上裕と京都在住の田中良のユニット。「つなぐとは何か」をテーマに様々な実験・検証を行い、その記録やパフォーマンスを発表している。活動は始まったばかりで、現在は特に“人工衛星”に関心を持ち、新たな作業を始めたところ。

 

An artist unit, formed in August, 2010. The members are Murakami Hiroshi living in Tokyo and Tanaka Ryo living in Kyoto. As a theme 'What is connecting?,' they have a variety of experiments and tests. As a result they put out documents and performances. Their activities just started, they are interested in "Space satellite" especially now, and have started new work. 

 

 

SseeaannRrooee


ショーンローは1963年イギリスのクローリー生まれ。彼はマルチメディアアーティスト、ミュージシャンとキュレーター。2006年京都に移住。ロンドンでは Goldsmiths College(LondonUniversity) and at Middlesex Universityで美術を学ぶ。彼は広く英国、欧州、日本、で展示とパフォーマンスを行い大学、ギャリー、アートセンターでワークショップを実施した。2007年以降、京都でJunKroomというイベントを企画している。 

http://junkroomkyoto.blogspot.com

 

Sean Roe (a.k.a Sseeaann Rrooee) was born in Crawley, England 1963. He is a Multimedia artist, Musician and Curator, having studied Fine Art at Goldsmiths College (London University) and at Middlesex University in London. He has exhibited and performed widely in the UK, Europe and Japan, and has also lectured and conducted workshops in Colleges, Galleries and Art Centres. Since 2007 he has produced the JunKroom multi-disciplinary live event in Kyoto.

http://junkroomkyoto.blogspot.com/

 

 

 

 

 

 

1 コメント

2010年

12月

13日

pillow talk #1

 

この上映会について

 

 パフォーマンスは絵画や彫刻のように何百年もの間その形を留め、人々に鑑賞されることはありません。その場でどんなに大きな賞賛を浴びても、 どれだけ多くのメディアに取り上げられても、すぐに「ああ、そんなものもあったな。」というくらいのものになってしまいます。その分一層「パフォーマンス の記録を残す」ということの重要性は高いはずなのに、パフォーマンス・アートのドキュメンタリーが美術界における上映の機会を充分に与えられているとは言い難いと思われます。

 ならばその機会を作ってみようと言うのがこの上映会の主旨です。場所には映像作家・宮永亮の所属する京都・伏見の共同アトリエGURAを選びました。映像を持ってきてもらうのは、Weast・太田麻里・谷澤紗和子・山口典子の現在パフォーマーとしても活躍中の4名の作家さんです。天井の高いス ペースに敷き詰められた畳と布団の上に、皆で寝転って、本棚やパソコンに眠っていたドキュメンタリー映像を一緒に鑑賞しませんか。

 当日はベットメイクを万全にして皆様のお越しを心よりお待ちしております。どうぞ寝支度を整えてお越しくださいませ。

 

■日時 2010年12月23日(木・祝)
7:00pm 開場 7:30pm 上映開始 10:00pm 終了予定
■会場 こちらをご覧ください。
■チケット料金 800円【一般】、500円【学生】 (オードブル付き)
※人数限定のためこちらからのご予約をお願いします。
■助成 スタディユニオン・日曜大学
■ドレスコード 横になれる格好
■Web こちらをご覧ください。

 

主催:宮永亮(GURA)、山口典子
オーガナイザー・Webプログラマー:帖佐翔人
OHPデザイナー:有本麻希

 

 

 

 

 

 

2 コメント

2010年

12月

12日

GURA de BAZAR!!!!

 

GURA de BAZAR!!!!

 

ごはんとおかいもの♪

 

 

2010/12/12(sun)

 

AM 12:00 〜

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

SHOPS & FOODS

 

 “森林食堂”  http://shinrin-syokudo.com/ カレーと森林グッズ

 “八雄屋”  http://www.hachio.info/ Tシャツ&絵&ヤーコン茶

 “いかパン”  パンプシェード

 ”torch” お菓子とお茶

 ”fac fac” http://facfac20hz.com/ 同ZINE誌

 ”ばすた屋” http://www.madrice.com/en/default.aspx Tシャツと小物類とライブプリント

 ”北星レコーディング” CD

 ”すすきとんぼ” チャーみんぐチャーはんオリジナルグッズ

 ”内山もと子” マフラー

 

 and more!!

 

 

 

 

 

5 コメント

2010年

9月

09日

お茶漬けウィメンズ公演

 

演劇公演します!

緑茶麻悠、桃茶みどりによるユニット、お茶漬けウィメンズの公演『LIMIT』

 

 

 

10/9
14:00/17:00/20:00(START)


10/10
11:00(故郷パフォーマンスあり)/14:00/17:00/20:00(START)


故郷割引 前売り¥500
当日 ¥800

(前売りチケットお申し込みは、お茶漬けウィメンズ、またはGURA〈Contact〉まで)


ochazukewemensによる、それぞれのドローイング/グッズ/Tシャツなど同時販売予定

 

お茶漬けウィメンズの詳しい情報は、 http://ocha-zuke-we-mens.jimdo.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 宮崎駿の天空の城ラピュタを拝見されている方は多いと思う。
未だに不思議なのは、パズーとシータはあまりにも意外性の有りすぎる出会いにも関わらず、すんなりと、あたかも日常のように受け入れられている。つまり、いつのまにか、違和感であるもののはずが当たり前になっている出逢いのことを、私はラピュタ的遭遇と呼ぶ。

そうそう、あらすじ

録画したビデオを、昨日途中まで観た。
今日、続きを観ようとしたら、いつのまにかビデオが進んでいる。
早送りしたり巻き戻ししたりしてるうちに、
昨日の終わりがこんがらがっていった。
「どこからが続き?」
もしかしたら、観た記憶を間違えてたのかもしれないし、
誰かが続きを勝手に観たのかもしれない。
さぐっていると、レジの会計で打ち間違いを繰り返し、レシートが出過ぎてパニックになるあの時の恐怖を思い出した。
そんななか、カチ カチ、という音と共に、
ただ、自分の記憶のぶれを静かに感じていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

3 コメント

2010年

8月

14日

楽祭R

楽祭R

 

宇宙一自由な発表会

 

 

2010 / 8 / 14(sat)

 

PM 5:00 〜 

 

Entrance Free!!

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

楽祭とは過去、京都市立芸術大学祭部が中心となり発足した宇宙一自由な発表会である。

 

出演参加の条件は"一人"であること。

つまり"自分祭"である。

 

過去に11回(ゲリラのように勃発した小規模回除く)開催されている。

今回は久しぶりの開催ということでR(eturns)がついた。

 

http://rakusairakusai.web.fc2.com/

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

出演
あわのゆきお / かまのまりこ / さわこ / 八雄 / ピーチマン / 堀成徳 / みなみりょうへい

村上裕 / もとたけし / ゆっこ (五十音順)

 

デコレーション

鈴木宏樹

 

出店

森林食堂

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント